お気に入り

2022年の梅雨入り・梅雨明けはいつ?全国の最新予想!

2021年今年の梅雨

先週4日の沖縄地方に続く梅雨入りで、奄美地方で5月11日に梅雨入りしたとみられると発表がありがありました。 平年より1日早く、去年より6日遅い梅雨入りとなりました。

梅雨前線が北上を続け12日から14日にかけて、前線は本州付近まで北上すると予想されており、西日本から東日本では「梅雨の走り」となり雨や曇りの日が続くと予想されています。

気象庁から発表された5月~7月の3ヶ月予報によると、偏西風が平年より北を流れる予想で、そのため日本付近には暖かい空気が流れ込み易くなり、沖縄奄美を除き平年より高い予想です。

今年の2022年は梅雨前線が早めに日本列島に北上すると予想されされており、梅雨入りと梅雨明けが早い可能性がありそうです。

6月の西日本を中心に、降水量が多くなるおそれがあり、気象庁から早めに大雨への備えを進めるよう呼びかけています。

この時期の予想は信頼性も低く、予想しているところによってバラつきでるがでるシーズン。最新の情報を確認するのことが必要になります。

毎年8月の終わりに気象庁より発表される「夏の天候」では、2021年の梅雨入りと梅雨明け情報の速報値が修正され、近畿・東海の梅雨入りは、1か月ほど遅かったと修正されました。

気象庁から発表された近畿・東海の速報値から1か月ほどの修正は非常に珍しく、梅雨を判断するかの見極めが難しかったと言えるでしょう。

九州北部・四国では、統計開始した1951年以降で最も早い梅雨入りとなり、長梅雨となりましたが平年の平均雨量と比較すると、九州北部では半分ほどで四国でも8割ほどで、平年を下回りました。

 

全国の梅雨マップ

2022年梅雨マップ

 

 

2022年の梅雨入り更新日:2022年5月18日

地方 令和4年 平年 昨年
沖縄 5月4日ごろ 5月10日ごろ 5月5日ごろ
奄美 5月11日ごろ 5月12日ごろ 5月5日ごろ
九州南部   5月30日ごろ 5月11日ごろ
九州北部   6月4日ごろ 5月11日ごろ
四国   6月5日ごろ 5月12日ごろ
中国   6月6日ごろ 5月12日ごろ
近畿   6月6日ごろ 6月12日ごろ
東海   6月6日ごろ 6月13日ごろ
関東甲信   6月7日ごろ 6月14日ごろ
北陸   6月11日ごろ 6月13日ごろ
東北南部   6月12日ごろ 6月19日ごろ
東北北部   6月15日ごろ 6月19日ごろ

2022年の梅雨明け

地方 令和4年 平年 昨年
沖縄   6月21日ごろ 7月3日ごろ
奄美   6月29日ごろ 7月3日ごろ
九州南部   7月15日ごろ 7月11日ごろ
九州北部   7月19日ごろ 7月13日ごろ
四国   7月17日ごろ 7月19日ごろ
中国   7月19日ごろ 7月13日ごろ
近畿   7月19日ごろ 7月17日ごろ
東海   7月19日ごろ 7月17日ごろ
関東甲信   7月19日ごろ 7月16日ごろ
北陸   7月23日ごろ 7月14日ごろ
東北南部   7月24日ごろ 7月16日ごろ
東北北部   7月28日ごろ 7月16日ごろ

※気象庁ホームページより

 

平年の梅雨時期カレンダー

平年の梅雨時期カレンダー※2022年更新

 

 

過去のエリア別梅雨情報

 

※気象庁ホームページより

 

梅雨って?

そもそも梅雨とはどんなものなのか、少しおさらいしてみましょう。
梅雨というのは全世界で見られるものではなく、東アジア(中国の南部〜長江流域の沿海部、台湾、北海道と小笠原諸島以外の日本など)でみられる、曇りや雨が多発する特有の気象現象です。期間としては主5月〜7月に発生します。

ちなみに、どうして「梅雨」と呼ばれるようになったのか。その語源に関する説は、梅の実が熟す時期だからという説や湿度が高い為カビが生えやすい時期である事から黴雨、そして梅雨と呼ばれるようになったなどと多岐にわたります。

 

         

梅雨入りや梅雨明けを発表する全国の気象台はどこ?

東北地方

青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島

関東地方

茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨・長野

仙台管区気象台 東京管区気象台
東海地方

岐阜・静岡・愛知・三重

北陸地方

新潟・富山・石川・福井

名古屋地方気象台 新潟地方気象台
近畿地方

滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山

中国地方

鳥取・島根・岡山・広島

大阪管区気象台 広島地方気象台
四国地方

徳島・香川・愛媛・高知

九州北部地方

山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分

高松地方気象台 福岡管区気象台
九州南部地方

宮崎・鹿児島

沖縄地方

沖縄

鹿児島地方気象台 沖縄気象台

 

まとめ

2020年は、一部の地域で観測史上初の記録的豪雨が記録されたところもあり、天気は多くの人の生活に大きく関わってきますが、完璧に把握することは困難を極めます。

そもそもですが「この日から梅雨になります」とはっきり宣言するものではなくとても曖昧なものと言え、梅雨時期には予想できない大雨による災害が多く出る時期でもあり、こまめな情報収集が必要と言えるでしょう。

なんとなく「この時期だろう」というものは頭に入れておき、鞄に折り畳み傘を忍ばせておきましょう。備あれば憂いなしです。

 

 

今日の天気

雨雲レーダー
天気図
ひまわり
海水温
現在:
      現在地から天気を探す
       

      梅雨時期の良くある質問

      全国の気象台が管轄する地方の発表を担当しています。
      週間天気予報を元に、気象庁や各気象台の担当部署が検討して、梅雨入りや梅雨明けを発表しています。
      明確な定義があるわけでもなく、発表の段階では速報値となり、毎年9月頃に確定値が発表され修正される場合があります。

      年間を通して梅雨の時期は、予報が一番難しい時期で気象予報士泣かせの時期でもあります。

      梅雨を迎える前に、まるで梅雨に入ったと思わせるような、ぐずついた天気が続くことを言います。年によってはそのまま梅雨入りする年もあります。

      台風の渦は反時計回りで、北東側では暖かい空気を梅雨前線に向かって吹きつけるため、梅雨前線に強い影響を与えます。

      この2つの前線は季節が違い、梅雨前線は梅雨の時期に発生する前線で、秋雨前線は夏の終わりの時期に発生する前線のことです。

      梅雨と呼べるのは、東アジアのみとされていますが、その他の国では雨季としてあります。

      2021年の梅雨情報

      2021年の梅雨入り

      5月5日に、気象台は沖縄地方・奄美地方で梅雨入りしたとみられると発表され、全国で一番早い梅雨入りとなり、平年と比べ沖縄地方では5日早く、奄美地方では7日早い梅雨入りとなりました。

       

      5月11日に、九州南部でも平年より19日早い梅雨入りを迎え、九州南部では1956年に次ぐ統計史上2番目に早い梅雨入りとなり、15日に気象台から九州北部・中国・四国地方で梅雨入りの発表があり、九州北部では平年より20日、中国地方では平年より22日も早い梅雨入りとなります。四国地方では、統計史上最も早い梅雨入りとなりました。

       

      15日の発表に続き16日にも近畿・東海地方でも梅雨入りが発表され、近畿地方では観測史上最も早く、東海地方は1963年に次ぐ2番目の早さで梅雨入りとなります。

       

      ようやく6月14日に関東甲信でも、梅雨入りが発表され平年と比べると7日遅く、14年ぶりの遅さとなりました。隣接する東海では記録的な早さで梅雨入りをしたものの、関東甲信との梅雨入りの差が29日間あり、統計開始以降初めてとなりました。近年梅雨入りの差は、同じ日もしくは数日の場合が多いのだが、2021年は東海と関東甲信を比べ雨の強さなどが明瞭だったのもあり、近畿とともに先行して梅雨入りが発表。その後、関東甲信では明確な気象条件が整わず大きなずれが起きました。

      6月18日には北陸でも、梅雨入りが発表され平年と比べ7日遅い梅雨入りとなりました。

      北陸に続き19日に東北地方でも梅雨入りが発表され、南部では7日遅く北部では4日遅い梅雨入りとなり、梅雨のない北海道を除く全国が梅雨入りしたことになります。

       

      今年の梅雨入りが早くなった原因として、インド洋付近の海面水温が平年より高く、偏西風を北側に押し上げています。その影響で偏西風が蛇行して流れ、太平洋高気圧が例年より強く張り出し、梅雨前線を本州付近に押し上げる格好となりました。

       

      2021年の梅雨明け

      7月の九州から関東甲信では梅雨末期の大雨になりやすい時期で、去年は「令和2年7月豪雨」熊本県を中心多くの被害をもたらしました。最新の気象情報はこまめに確認するようにしてください。

      7月8日に気象庁から発表された最新の1か月予報によると、7月23日までは東北から北海道にかけては平年より気温は高いと予報されています。その他の地域では、平年並みと予報されています。

       

      7月2日に沖縄では、統計開始以降6番目の遅さで梅雨明けの発表がされました。5月5日で梅雨入りをし、平年と比べ5日早い梅雨入りをした沖縄の梅雨の期間は、58日間となり過去4番目に長い梅雨の期間となりました。原因として、太平洋高気圧の勢力が弱く梅雨前線が停滞したことなどから梅雨明けが遅くなった要因とされています。3日に奄美でも平年と比べ4日遅い梅雨明けが発表されました。

       

      7月11日に九州南部で梅雨明けの発表がされ平年と比べ4日早く、13日には九州北部と中国で梅雨明けの発表がされました。平年と比べ6日早い梅雨明けとなりました。続いて14日に北陸でも梅雨明けの発表がされ近畿や関東甲信より早く発表されるのは珍しく、近畿より早かったのは2001年以来となり、関東甲信より早かったのは2016年以来のことになります。北陸は平年と比べ9日早い梅雨明けとなりました。16日に関東甲信、東北北部南部でも梅雨明けしたと発表されました。

      関東甲信では平年より3日早く、東北南部は8日早く、東北北部は12日早い梅雨明けとなりました。

      東北が四国、近畿より早い梅雨明けとなったのは24年ぶりで、6月の予想では東北と関東甲信は梅雨明けが遅くなりそうとも言われていました。

       

      17日に近畿、東海でも梅雨明けが発表されました。梅雨入りが記録的な早さで梅雨入りをした近畿・東海ですが梅雨明けは平年と比べより2日早かったものの、梅雨の期間は62日となり、統計開始以来最も長くなりました。

       

      梅雨明けが発表されていないのは四国のみとなり、四国で梅雨明けが遅れている原因として、上空には寒気が流れ込み下層からは暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定な状態が続いています。

      19日に四国で梅雨明けが発表されました。統計開始以降最も早い梅雨入りをしましたが、梅雨明けに関しては平年より2日遅く、梅雨の期間が65日で統計開始以来最も長くなります。

       

      梅雨明け後は、湿度も高く比較的に厳しい暑さが続く傾向にあるため、熱中症になる方が急増する時期でもありますので、無理をせずに適度に扇風機やエアコンなどを使用して暑さから避けるよう心がけましょう。
      また、コロナ対策でマスクをする機会が多く、のどの渇きに気づきにくいケースも多く水分補給はこまめに行うよう心がけましょう。

       

       

      避難指示を一本化し、梅雨期からの運用を目指す

      災害時に市区町村が発令する避難勧告を廃止して、避難指示に一本化することなどの改正案を閣議決定しました。2021年の梅雨期からの運用を目指し、住民への呼び掛けを簡略化することによって、風水害などで逃げ遅れるのを防ぐのが狙いです。
      過去の災害で、2018年の西日本豪雨、2019年の台風19号、2020年の7月豪雨などの死者・行方不明者の60~80%が高齢者が占めたことが内閣府の発表で明らかになりました。

       

      今まで避難勧告の発令に関しては、住民がスムーズに移動できるように余裕を持って発令し、すぐに避難を始める必要がありましたが、住民の理解が進んでいないこともあり、差し迫った状況で発令する避難指示まで動かず、逃げ遅れるケースが後を絶たちません。法改正後、今までの勧告を発令していたタイミングで指示を出ことになります。

       

      災対法改正案の改正

       

      2022年の梅雨入り・梅雨明けはいつ?全国の最新予想!