サーフィン女子♡夏の海に負けないポイントメイクの作り方

サーフィン女子♡夏の海に負けないポイントメイクの作り方
サーフィンでも海でも、ベースメイクだけじゃなく、ポイントメイクもしっかりしたい!
そんなサーフィン女子のために、海にも紫外線にも負けないメイク。崩れないポイントメイク情報を、集めてみました。
ポイントメイクといっても、様々な種類がありどれを選んでいいのか、分からないという方も多いのではないでしょうか?

サーフガール ポイントメイクあるある
女子ならではのポイントメイクの悩み

・アイブロウがとれてしまう。
・マスカラが落ちて真っ黒になっている。
・色がなくなっている。
・メイクがよれている。
・化粧直しが大変。

などの様々な悩みがあります。

海=水に強いメイクが基本です。水に強いと言えば油性のもの。巷ではウォータープルーフと言われているものを、選ぶといいですよ。しかし、相性次第では、逆効果になる場合もあります。お肌やバースメイクにあった、ポイントメイクを選んでみましょう。
 

サーフガールに嬉しい 海・水に強いメイク品

ウォータープルーフとは「耐水性」があるものを言います。
耐水性とは、撥水成分(シリコン成分)が含まれます。

シリコンを化粧品に入れることで、水や汗に混ざりにくく、結果「崩れにくいメイク」ということになります。

耐水性とはよく聞く言葉ですが、なぜシリコンが使用されるのでしょうか?

●シリコンには水をはじく性質があります。
●シリコンの表面は滑らかです。
●見た目のつやがでます。

シリコンが入っていると、耐水性の化粧膜をつくるので、他のオイル成分と組み合わせて使われています。

化粧品・ウォータープルーフに含まれるシリコンはメチコン・ジメチコン・シクロメチコン・シロキサン・シラノール などの種類があります。

 

シリコンの入っている化粧品

ファンデーション・日焼け止め・マスカラ・アイシャドウ・アイライナーなどがあります。
化粧品の他に、シャンプー・リンス・ヘア美容液などにもはいっているんですよ。

ノンシリコンがいいと言われていた時期もありますね。

ものによっては入っていないことで、耐水性が弱かったり・髪の毛だと切れ毛が多くなったり、一概にノンシリコンがいいということではない様です。

 

基本的なメイク品の形状の種類は3タイプ

①パウダータイプ→粉をプレスしているのでふんわり伸びます。
②リキッドタイプ→液状で、肌の上で伸びやすい。
③クリームタイプ→クリームタイプで密着力が高い。

その他に、アイライナーなどではジェルタイプ(リキッドよりも固め)。
アイブロウ・リップではティント(皮膚に色を定着させるもの)など、形状+αの機能を持ったアイテムもあります。

海のサーフガールメイクの、耐水性の強いウォータプルーフメイクでは、クリームタイプやティントなどが人気があります。細かく見ていってみましょう。
 

消えない眉ティント

簡単に水に強いアイブロウにする場合、眉毛に色をつけるのがおすすめ。
眉ティントは前日に眉にのせて寝れば、次の日は眉毛を書かずに、しかも取れにくくしてくれます。

MAYBELLINE Brow ink gel Tint
眉毛のもちがとても良い、人気の眉ティント
ジェル状のティントが、眉毛の上ですっと伸び、使いやすい。


プチール ダークブラウン アイブロウ ティント カラージェル
水に強く、落ちにくい。
1日~5日間発色をキープしますしてくれる、強力タイプのアイブローティントです。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
いつものアイブロウにウォータープルーフ入り


資生堂アネッサパーフェクトアイブロウ
汗をかいても落ちにくい、アイブローコートとしても使える、一石二鳥のアイブロウ。


パワフルステイ アイブロウ ペンシル
長時間キープのウォータープルーフ。
汗水に強いという魅力だけでなく、描きやすさです。

さらに普段眉に、アイブロウコーティングをすれば、いつもの眉毛を維持できます。

眉毛ってベースの次に大事ですよね。
眉があれば顔の額縁が、しっかりするのでベースメイクと眉毛は、落とさずにきちんとしていたいものです。


 

消えない・消さないアイブロウコート

眉毛を書いたけどなくなってしまう。そんな時は、ブロウコートを使いましょう。
こすれ・水・汗・皮脂からアイブロウをさらに守ってくれます。コーティングすると、より取れにくくなります。
人気のブロウコートのご紹介。

セザンヌ アイブロウコートN 
汗・水・皮脂・こすれに強く、眉メイクをしっかりキープしてくれます。
早く乾き、テカらず自然な仕上がり。
 

エリザベス ビボ アイブローコート
ウォータープルーフタイプで、こすれにも強い。スポーツやレジャーにおすすめ。
綺麗な眉が一日中、保てます。


ブロウラッシュEX ブロウコーティング N
眉メイクが消えい。描いた眉毛をしっかりキープします。水に強く、眉メークだけはキープしたい時にぴったりです

 

アイライナーだって外したくない

アイライナーは引く人と引かない人がいますが、その中でも水に強いライナーを調べてみました。
パンダになってしまわないように、量なども気を付けたいところ。
目の周りなので、普段より控えめが、ちょうど良いかもしれませんね

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー
繊細ラインも、くっきりラインも、自在に描けるリキッドライナー。
ウォータープルーフなのに、通常のクレンジングや洗顔料で落とせる。


キャンメイク クリーミータッチライナー
乾くと密着し、水に強いジェルアイライナー。
きれいなラインが長続きします。細いので描きやすい。


ケイト レアフィットジェルペンシル
なめらかに描けるジェルアイライナー。
ぴったりと密着して・にじみにくい・落ちにくい。
ウォータープルーフタイプ。

 

目の上 アイシャドウだって抜け目なし

アイシャドウは、ウォータープルーフに発色のいい色を、持ってくるのがお勧めです。
中でも、ウォータープルーフのペンシルやクレヨンタイプが、密着力が高く・落ちにくいと言われています。

Ma Couleur(マクレール) クレヨンアイシャドウ
密着間と発色がいいクレヨンアイシャドウ。ウォータープルーフ&ロングカラーキープ。
やわらかいので書きやすく、目のキワに引くとアイラインとしても使えます


Visee(ヴィセ)ヴィセ リシェ クレヨン アイカラー
ウォータープルーフ。密着感と発色が良いアイカラー。シャドウとしてもアイラインとしても使用できます。


 

マスカラもしっかりつけたい

マスカラもしたい。つけまつげやまつエクなどもいいそうですが、マスカラでと考えているかたは、リンメルがおすすめ。

・Rimmel (リンメル) ストームプルーフ マスカラ
激しい雨に打たれても、にじまない程の耐水性!サーフィンで波にもまれても大丈夫。安心のウォータープルーフで、しかも豪雨にも耐えられるのであれば、安心の一本ですね。
 

【合わせワザ】チークとリップは同じもので時短

頬は日焼けしやすい部分なので、お化粧直しの際も、邪魔をせずなじみます。リップティントをチークにのせるといいですよ。塗りなおしもなく、色が数日持つものもあります。

・リキッドタイプ→液状で、しっかりと唇にしみこんでくれるので、落ちにくい。
・ジェルタイプ→リキッドタイプ近いですが、ツヤ感があります。
・スティックタイプ→スティックタイプなので塗りやすく、使いやすい。

この中の3タイプの中でも、海・サーフィンにつけていくなら、リキッドタイプのリップティントがおすすめです。
色落ちしにくく、血色が悪くなるのをふせいでくれます。
塗りなおしもできるので、シャドウやチークが落ちてしまっても、簡単にお化粧直しができるリップは、必ず一つは持っていきたいですね。
また、UVカットのあるリップクリームと一緒に使用するとさらに効果UP。リップも紫外線カットしましょう。
あなたに似合う色を選んでみてください。
 

クレンジングにもこだわりたい

ウォータープルーフタイプの化粧品は、油分が多く耐水性があるため、普段使用している洗顔料やボディソープでは、落ちないことがあります。そのため、オイルクレンジングをすることで、しっかりさっぱりメイクを落としてから、普段の洗顔をしましょう。

ネットで人気だったのは

THREE バランシング クレンジング オイル
耐水性の高いウォータープルーフもしっかり洗浄してくれる。
スピーディーにメイクを落としてくれるのが、肌に負担が少なくて嬉しいですね。
美容オイルで優しく洗浄してくれます。

 

まとめ

サーフガールは、きれいにメイクも保ちつつ、紫外線にも安心できるようなものを使いたい。

「落ちにくい」「耐水性」「発色」など。まずはベースメイクが大切です。

そのうえで落ちにくい、ポイントメイクで遊び心を、入れていきましょう。
サーフィンでもそうですが、これからの季節にも、役立つ情報になっていると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

探せばあなたに合った、メイクが見つかります。

あとポイントは、そのメイク品の特徴を、しっかり把握し使い方を工夫していくこと。

海でもプールでも、サーフィン中でも、綺麗な顔でいたい。
あなたに合ったメイクを、楽しんでみてください。
 

サーフィン女子♡夏の海に負けないポイントメイクの作り方