【初心者が必ず知っておきたい】サーフィン用語

サーフィン用語初心者の方やこれからサーフィンを始めようとする方が、短期間で上達するのに重要なことの1つとして、「サーフィンの上級者やサーフショップのお店の方と話す」ということがあります。サーフィンについて詳しく書かれたどんな良いマニュアルや書籍を読むより、実際にサーフィンをしている方やサーファーとの交流が多いショップの方と会話するほうが、より生きた質の高い情報を引き出すことが可能です。
そのためには、会話で困らないように最低限のサーフィン用語はしっかりと押さえておく必要があります。ここでは、初心者の方が知っておくべきサーフィン用語について解説します。

東京オリンピックでおこなわれる様々な競技のために、スタジアムなどたくさんの施設が
さあ、これからサーフィンを始めようと思ったら、まずは道具を用意しなければいけません。
そのために、ショップでお店の人に「サーフボードが欲しいのですが」と相談しても、どんなのがいいですかと聞かれます、その時に困らないようにサーフボードのお種類を知っておきましょう。

◆板
サーフボードのことを指しますが、上級者やお店の人は略して「板」と呼ぶことがあります。

◆ロングボード
長さが9フィート(274cm)以上で、幅が23インチ(58.4cm)、厚さが3インチ(約7.6cm)
のサーフボードです。ボードに厚みがあるので浮力が高く、ボードの面積が広いので安定性が高く初心者に向いています。

◆ショートボード
長さが6.5フィート(198cm)以下で幅19 11⁄16インチ(50cm)以下、厚みが2 9/16インチ(6.5cm)以下が基本となっているサーフボードです。ロングボードと比べると厚さが薄いいため、浮力や安定感がないので初心者には難しいですが、機動性が高いので技を決めやすいという特徴があります。

◆ファンボード
ファンボードはショートボードとロングボードの間の大きさで、ショートボードとロングボードそれぞれの良い点を併せ持っているので初心者の方でも使いやすいボードです。

◆デッキ
サーフボードの表面のことを「デッキ」と呼びます。

◆ノーズ
サーフボードの先端部分のことを「ノーズ」と呼びます。

◆レール
サーフボードの両側面のことを「レール」と呼びます。

◆フィン
サーフボードの方向を変えるのに必要なパーツで、方向舵のお役目を果たします。

◆リーシュコード
サーフボードと身体を繋ぐコードでベルトのような役目を果たします。経年劣化すると切れることがあるので、しっかりとチェックしておく必要があります。

※このほかにも、色々な種類のサーフボードがありますが、詳しくは「サーフボードの選び方」の記事をご覧ください。

◆パドリング
サーフボードで海に出る時、手で水を漕いで進むことをパドリングと呼びます。これに対し、
足で水面を蹴って進むことをビーディングと呼びます。

◆ゲットアウト
サーフボードを漕いで沖へ出ていくことをゲットアウトと呼びます。

◆テイクオフ
サーフィンで波に乗る瞬間のことで、ボディボード以外では、サーフボードの上に立ち上がった瞬間をテイクオフと呼びます。

◆パーリング
パドリングと言葉は似ていますが、こちらは自分の意志で波に乗るのをやめて海中へと落ちることです。波に乗るのは、やめるつもりがなかったのに、落ちてしまう場合はワイプアウトといいます。

◆ドルフィンスルー
波がやって来る時に、ボードを水面の下に沈めて波の下をくぐり抜ける技術で、沖へ出るためには身に着けておきたい動作です。

◆スタンス
サーフボードに立つポジションのことを「スタンス」と呼びます。スタンスには、左足を前にする「レギュラースタンス」と右足を前にする「グーフィースタンス」があります。
レギュラースタンスにするか、グーフィースタンスにするかは利き目や利き足によって決めましょう。

◆アウトサイド
海の沖を「アウトサイド」と呼びます。

◆インサイド
海の中でも、岸に近い部分のことを「インサイド」と呼びます。

◆クローズアウト
台風や高波、強風などでサーフィンができない状態のことで、この状態になるとサーフスポットでクローズアウトという情報が出ることがあります。この状態になった時には、サーフィンをしてはいけません。

◆ウォール
海の波が高くなって、壁みたいな状態となることを「ウォール」と呼びます。

◆ショルダー
波のうち、うねり部分のことを「ショルダー」と呼びます。

◆トップ
波の一番高いところで、波が崩れる瞬間の部分のことを「トップ」と呼びます。

◆ボトム
波の底部分のことを「ボトム」と呼び、この部分でターンすることを「ボトムターン」と呼びます。

◆フェイス
波のトップからボトムの間に表れる、斜面を「フェイス」と呼びます。ボードが滑りやすくてスピードも出やすい部分なので、初心者で慣れない間は、この部分に乗ることは避けたほうが良いでしょう。

◆スープ
波が崩れて、白く泡立っている部分のことを「スープ」と呼びます。初心者の方は、スープで練習すると波に乗りやすいのでおすすめです。

◆オフショア
海の方向へと向かって吹く風を「オフショア」と呼びます。

◆オンショア
オフショアと反対で、岸に向かって吹く風を「オンショア」と呼びます。

上記以外にも基本的なサーフィン用語がありますが、また次の機会にご紹介しましょう。
 
【初心者が必ず知っておきたい】サーフィン用語