サーフィン女子♡夏の日焼け対策には欠かせないラッシュガード

サーフィン女子♡日焼け対策 ラッシュガード夏の海、プール日焼けは絶対したくない。
そんな時におすすめなのが、ラッシュガード。

海やプールなどでよく見かけるようになりました。

水着・ビキニと同じくらい種類が豊富で、色んなデザインがあります。

水着でもない、ウェットスーツでもない。
そもそもラッシュガードって何?

今回は初めての方にも分かるように、まとめてみました。

 

サーフィン女子の着ているラッシュガードとは何?

ラッシュガードとは
元々サーフィン用語で、サーファーしか通用しないような言葉でした。
【rash】は、“早まった”や“擦り傷”または「発疹」や「皮膚が赤くなった状態」の事を指します。
【guard】は、“守る”や“用心する”または「保護する」という意味です。

繋げると意味は「擦り傷や炎症から守る」という意味になり、サーファーが怪我をしないように、肌を守るために着始めたのが「rush guard」になります。

最近では、サーファーだけではなく、水に入れる・濡れても大丈夫なラッシュガード。
レジャーにも欠かせないアイテムで、レディース・メンズからキッズまで幅広く愛用されています。

ラッシュガードの素材って?
ラッシュガードは、ウェットスーツのインナーとしても利用できるもので、薄手で水着と同じような素材で作られています。

速乾性があり、伸縮性のある素材で、体にフィット感があります。
夏の海やサーフィン、レジャーなどのような場所での使用されています。

また、サーフィンやプールだけでなく、日焼け対策や体温低下を防ぐために着用することもあるんですよ。
日焼けをしたくない、傷を作りたくないサーフィン女子には、必須アイテムになりそうですね。

 

ラッシュガードを着ることで防げること

・サーフィンをすることでできる怪我、外部からの刺激から肌を守る
海ではクラゲ、サーフィンではボードなどの皮膚のこすれで、擦り傷をおこしてしまう場合もあります。

ラッシュガードは、皮膚に直接、ものが触れずにすみます。
海・サーフィンでは、着用していた方が、安心して過ごせますね。
ワンクッションあるだけで、予防できることがあります。

・着ることで体温低下を防ぐ
暖かいと思っていても、意外と海の水温の中は、実際よりも温度は低く感じます。
寒い日だと特に、知らないうちに体温が低下していることもしばしば。
そんな時に、ラッシュガードは、直接水温に触れないことで、体温の低下を防いでくれるんですよ。

ここで、ラッシュガードの速乾性が機能します。水分蒸発するときに起こる体の冷えも、防いでくれます。

・紫外線は大敵!日焼け防止にも最適
体に日焼け止めを塗っていても、日焼けしていることってありますよね。
水にぬれたり、こすれたりすることで取れてしまい、日焼けのリスクが高くなる状態を、防ぐことができます。

塗り忘れをしていても、ラッシュガードを着ていれば安心。
ラッシュガードにはUVカット機能が、ついているものもあります。選ぶときはUVカットがついているかも見るといいですね。

・ラインがでるのはちょっと・体型をカバーしてくれる
水着はどうしても肌の露出が多くなります。
体系に自信はないけど、海・サーフィンを楽しみたい。
そんな方にも役立つのがラッシュガードです。

水着の上に薄手の速乾性のあるラッシュガード着用を隠したい体系の部分に目がいかないようなデザインを選ぶと、全体的にカバーができます。
色やフリル・柄などを上手くかけ合わせれば、自信のない体系も自然とカバーしてくれますよ。

・その他
フェスやハイキング、レジャー・スポーツ
ランニングやウォーキング、野球やサッカーなど行う時のインナー、意外なところではウィンタースポーツ(スキー・スノーボード)の時のインナーとして活用することができます。

さまざまな場所で大活躍のラッシュガード。
1枚だけでなく、何枚あってもシーンによって楽しめそうですね。

 

ラッシュガードのここは見ておきたい・UVカット率

UVカット効果のある衣類には2つの種類があります。

・紫外線散乱剤が化学せんいに織り込まれているもの

せんいに織り込んだ超微粒子が、外からの紫外線を反射し、散乱させることで、肌に直接紫外線が作用するのを防いでいます。洗濯しても効果が下がりにくいのが特徴です。

・UV吸収剤を生地に浸透させてあるもの
天然せんいで作った生地に、後からUV吸収剤をつけ、加工をしてあります。
UV吸収剤は外からの紫外線を吸収してくれるため、肌への直接的な影響を防げます。
綿などの肌の弱い方や、天然せんい素材を着たい方におすすめです。

知っておくと選ぶときに役に立ちそうですね。

・紫外線の透過率を%で表示してあるもの
UVカット未加工品の紫外線透過率に比べて加工品のそれが半分以下であると「UVカット効果あり」と認定されます。

90%以上:A級 UVカット率が高い
80%以上:B級 標準
50%以上:C級 UVカット率低い

と表示されます。できるだけ「カット率が高いものを選ぶ」ことがポイントです。

・UPFで表示されているもの
布により、紫外線の影響を低下させている数値を、示しているのがUPFです。
例えばUPF50の表示があるものは、素肌の時に受ける影響に比べて1/50である。

UPFは15~50+の範囲で表示されています。なるべく「数値が高いものを選ぶ」のがポイントです。

 

まとめ

ラッシュガードって紫外線対策だけじゃなく、お肌を気にするサーフガールにとっては、あるだけで嬉しいアイテムの1つです。
水着に合わせて楽しむこともできるし、その他のシーンでもかなり活躍しそうですね。
服にもカット率があり、高いものを選ぶことで日焼け止めの効果をさらに発揮し、紫外線による日焼けを防いでくれます。
様々な機能もあり、デザインも豊富です。
海・サーフィン女子になるには、外せないアイテムかもしれません。
女心をつかむ、体系カバーも魅力です。
ぜひ、購入する際の、参考にしてみてください。
この夏は、こだわったラッシュガードを1枚、購入してみてはいかがでしょうか♡
 
サーフィン女子♡夏の日焼け対策には欠かせないラッシュガード