長崎県 初心者向けのサーフポイント&波情報

条件を変更する

長崎県のサーフポイントについて

島の数が日本一多く、海岸線の総延長距離では北海道に次いで2番目の長さを誇るのが長崎県の特徴です。 しかし、入り組んだ海岸線と島によってうねりが遮られてしまう影響で、サーフィンが可能なのは東シナ海に開けた西向きの海岸線の一部に限られています。 そのため、冬場の西~北西の季節風が強く吹き続ける時期や、発達した低気圧が東シナ海を進んだり、台湾付近にある台風からの西よりのうねりが届いた時が、サイズアップのチャンスといえるでしょう。 このエリアは全体的にどのポイントもキャパシティが狭く、限られたピークでのサーフィンになります。特に、リーフブレイクのポイントでは、サイズアップしてコンディションが良くなるとローカルセッションになり、すぐに混雑してしまいます。 そのため、ビジターは基本的なルールやマナーを守ることはもちろんですが、集団でのピークへのエントリーを控える等、波を待ちわびているローカルへの配慮が必要になります。

サーフポイントランキング