満潮とは?

満潮とは?サーフィンでは、「ハイタイド」、「ロータイド」という言葉があるぐらい、波は重要な要素の1つにもなっています。
特にいい波に乗って早く上達するには、潮の満ち引きををしっかりと把握しておくことが大切です。ここでは、満潮についてみてみましょう。
 

満潮ってなに?

普段何気なく見ているとあまり気づきませんが、海は毎日ほぼ2回、海面の上下を繰り返
し、海面の高さは常に少しずつ変化しています。
海面の上下には規則性があり1日に2回潮の満ち引きがある場合、多少のずれがありますが海面の水位(潮位)の一番高いところから一番低いところまで下がるのに6~7時間程度かかり、その後、また6~7時間程度かけて潮位の最低位から最高位まで海面が上がっていくというのを繰り返します。
この潮の満ち引きのうち、海面の水位が上がった状態を「満潮」と呼んで
います。その反対に、海面の水位が一番低くなっている状態の時のことを「干潮」といいます。

 

満潮の仕組み

潮が満ち引きするのは知っているけど、いったいどうやって満ち引きを繰り返しているのという疑問をお持ちの方も多いでしょう。ここでは満潮の仕組みをご紹介します。

潮の満ち引きには月との関係が大きく影響しています。月は約27.3日の周期で地球の周りを公転しています。
万有引力の法則でも分かるように、この宇宙に存在するすべての物体は引力をもっています。これは月にもいえることで、月も引力を持っています。

海の海水は液体状なので自由に動いてその形を変えることができるという性質を持っています。そのため、月に面した側にある海では、月の引力にひかれて海面が持ち上げられ、満潮状態となります。

この引力は月に面している海面だけでなく、月に面している側と反対の海面にも働きます。
このため、月に面している側とその反対側の両方で、満潮となります。

そして、満潮となる月に面している面とその反対側の間にある真ん中部分は干潮となります。
 

満潮と干潮の差はどれぐらい?

サーフィンや海でのアクティビティを楽しむ方にとっては、満潮と干潮の差も気になるのではないでしょうか。
実際に起こっている満潮と干潮の差は、場所によっても大きく異なっています。
身近な日本だと、日本海側の海では満潮と干潮の差は40cm程度とそこまで海面の変化は大きくありません。
その一方、太平洋側では満潮と干潮の差は1.5m程度で、日本海側と比べると1m程度余分に海面の差が見られます。
また、日本以外の場所でいうとお隣の国、韓国の仁川では10m程度、フランスのモン・サン・ミッシェルでは15mの干満の差ができます。
そして満潮と干潮の差で世界一なのが、カナダ東部にあるファンディ湾です。ファンディ湾では最大16mの潮位差があります。
この潮の満ち引きによって岸壁が浸食され、露出した化石で有名な「ジョギンズ化石断崖」などの観光スポットもあるので、サーフィンをする方はもちろん同行するご家族やご友人も楽しめるスポットとしておすすめです。
 

サーフィン初心者は潮位だけで判断するな!

この潮位の差だけを見ると一見、日本海側のほうが太平洋側よりも穏やかなんじゃないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、注意が必要です。
サーフィンしたり海で遊ぶ場合には、潮位だけでなく風の影響もしっかりと考慮しておかなければいけません。
日本海側は8月下旬~4月にかけては北風が吹くので海が荒れやすくなるので、サーフィンの初心者の方にとっては潮位が低くてもあまりおすすめではありません。反対に、5月~お盆ごろまでは南からの風が吹くので日本海側が比較的穏やかです。
太平洋側は日本海側と反対で8月下旬~4月が穏やかな海で、5月~お盆ごろまでは海が荒れることがあります。
そのため、サーフィン初心者の方であれば春からお盆までは日本海側、お盆から冬にかけては太平洋側で練習するのがおすすめです。

 

満潮はサーフィンに向いていない

サーフィンの初心者や波に詳しくない方にとっては、満潮の時のほうが海面が高くてサーフィンをするのにいいんじゃないのと思われるかもしれません。

しかし、満潮時はサーフィンに向いていないのです。
サーフィンをする時のコンディションとして、危険なほど波が高いのは困りますが、波が全くなかったり、波が立ちにくい状況というのは望ましくありません。

波が適度に立って、サーフィンをするのに向いているのは下げ潮(引き潮)または上げ潮(滿ち潮)と呼ばれる状態の時です。

下げ潮は文字通り、満潮から干潮へと海面が下がっていく状態の時であり、上げ潮は干潮から満潮へと海面が上がっていくときです。
この時は、私達人間は気づきにくいですが長い時間をかけて徐々に海水量が変動し、それに伴って海水面が動いています。
実は、こうした海水面の動きがなければ、波が起こらないのです。

そのため、サーフィンでいい波に乗るためには、海水面の変動がない満潮や干潮の時は向いていないのです。
さらに、初心者の方は穏やかな海のほうが安心して練習しやすいですが、無風などで海面に変動がない場合もサーフィンには向いていません。

サーフィンへ行く前日までに、満潮や干潮の時間を確認しておくことは必要ですが、サーフィン中に満潮や干潮を迎えたり、風がなくなってしまった際は、海面の変化があらわれるまでの時間を休憩などの時間として利用すると良いでしょう。

全国の潮見表を検索はこちらから

サーフィンスポット検索はこちらから
 
満潮とは?