無垢一枚板でDIY~お洒落なカフェ風の昇降式テーブル・デスク(スタンディングデスク)を作ろう~

無垢一枚板でDIY~カフェ風の昇降式テーブル・デスク~
お洒落で高さを変えたい時に、簡単に高さを変えられるスタンディングデスクが欲しい!!ということで早速ネットで調べたのですが、昇降式タイプのテーブル・デスクは結構なお値段でお気に入りの物が見つからなかったので、この際DIYで作ってしまおう!と決意。
 
ネットで調べていると、スタンディングデスクをお手頃な価格の商品を発見!!IKEAの昇降テーブル(SKARSTA/スカルスタ)は、天板と脚が別々で買えるので脚はIKEAのSKARSTAで決定しました。
 
あとは、メインの天板を探すだけですがなかなかお気に入りの天板が見つからず色々探していると、一枚板を使ったお洒落なデスクを発見!!天板は無垢の一枚板に決定!!天板に使えそうな一枚板を探すことに。
 
今回希望のサイズが長さ200cm位、脚に使用するSKARSTAのサイズの関係で、幅が70cm以上無いと天板より脚のサイズが上回ってしまいます。
希望のサイズの一枚板をネットで探しますが、思っていたより値段が高く5万~数十万位が相場で、杉の木は比較的リーズナブルな価格なのですが、幅が60cm以上の一枚板は在庫が少なく値段も高いです。
 
ネットで調べていると、吉祥寺の勝又木材さんがよくブログで紹介されているので、実際お店に行ってみようと思いましたが、希望のサイズがなかなか無いみたいなので今回は断念して、ネットで根気よく探すことに。
 
たまたまオークションで探していると、杉の木でほぼ希望のサイズが39,800円で発見!!しかも値引き交渉可だったので、ダメもとで10,000円の値引き交渉をしたのですが、なんと交渉成立!!最終的に、29,800円+送料3,000円で天板をGET!!
色々探しているとオークションの方が、サイズのバリエーション多くしかも安い!!※一枚板に限らず木は生きているので、反ったりしている場合もあるので落札には注意が必要。
 

一枚板でお洒落なテーブル・デスクを作ろう!!

オークションで落札した無垢一枚板
■1日目
無事に天板が届いたので天板を加工することに。
前日に近隣のホームセンターからサンダーをレンタル。表面のみ#240まで仕上げ済みだったので、表面以外をサンダー掛けしていきます。
サンダー掛けしてて気づいたのですが、耳の部分の研磨がかなり大変で、サンダーが使えない場所は手掛けになるのでとにかく時間がかかります。
研磨を始めて6時間・・・なんとか研磨も終わり(きりがないので)オイル塗装へ。今回使ったオイルは、【カンペハピオ】油性オイルステイン オーク 0.7Lで塗装しました。
一日目は、1回のみ塗装で終了して乾かす事に。
 
■2日目
午前中から2回目の塗装し、午後から3回目の塗装をして乾かします。塗装のペースが早いのですが、時間の関係で今回は良しとすることにしました。
 
■3日目
予想していた色より濃かったので、4回目の塗装は省き天板と脚の組み立てを開始します。
脚のSKARSTAは天板を止める穴が4ヵ所あるのですが、天板に反り止め加工をしていないので、反り止めの為に天板と脚を止める穴を8ヵ所に増やして固定しました。
最後に、脚の高さを調整する為の回転レバーを天板に固定して完成です。
 

まとめ

P1260210(1 )
私は、賃貸マンションに住んでいるのですが、サンダーの音で周りの方に迷惑をかけてしまっていないかが心配で、最後まで満足いく仕上げが出来なかったのが心残りです。

サイズにもよりますが天板の研磨には時間が掛かるので、時間の無い方や研磨に自信が無い方は、加工済みの天板もネットで販売しているのでそちらをおすすめします。

一点不安だったのが、脚に使っているSKARSTAの最大荷重は50kgなのが分かっていたのですが、天板の重量が購入時に分からなかったので、届いてから天板の重量を測ってみると、20kgだったのでなんとか大丈夫そうでした。杉の木は、比較的他の木より軽く柔らかいそうで、DIYし易い素材みたいですが、柔らかいので傷がつきやすいみたいです。

ぜひ、世界に一つのオリジナルテーブル・デスクをDIYで作ってみてはいかがでしょうか?
無垢一枚板でDIY~お洒落なカフェ風の昇降式テーブル・デスク(スタンディングデスク)を作ろう~